レーザー治療
laser

レーザー治療について

レーザー治療

当院では、炭酸ガスレーザーを使った治療を行っています。

レーザーとは…1秒間におよそ1兆回以上も振動するエネルギーの強い光です。その光エネルギーが熱エネルギーに変わり、悪いところを除去するだけでなく、痛みを和らげたり腫れをおさえ、キズの治りを早くする効果があります。

むし歯においては、必要最低限の除去治療のほか歯を白くするなど、特別な処置にも使われます。炭酸ガスレーザーは体にやさしい光なのです。

当院では、患者さんにやさしいレーザー治療を行なっています。

当院では、患者さんにやさしいレーザー治療を行なっています。
  • 一回のレーザー治療は、短時間で終わります。
  • 症状によっては少々の麻酔をかけて治療します。
  • レーザー治療なら、出血もほとんどなく傷あとも残りにくく、治りも早くなります。また、治療後の痛みもほとんどありません。

口内炎

口内炎

お口の中や唇にできる口内炎や口角炎の痛みは、レーザーですぐ和らぎ、治りも早くなります。入れ歯の接触によりできる潰瘍(かいよう)にも効果があります。

歯周病

歯と歯グキの間のミゾにレーザーをあて、歯周病菌をやっつけます。レーザーをあてることで歯周病の原因となっている細菌が急激に減り、膿み(うみ)が自然に出て出血や痛みを抑え、治りを早くします。

知覚過敏

水を飲んだりハブラシをあてると歯がしみるといった症状はありませんか?

これは象牙細管という歯の神経につながる孔(あな)がひらいて神経が刺激されるからです。

こんなときレーザーで治療すると歯の表面に薄い膜ができて孔(あな)をふさぎ歯の神経を保護するので、痛みや染みることを防ぐことができます。

止血効果

歯を抜いたり外科処置の後、血の止まりづらいような場合の止血、および局所の消毒を瞬時に行えます。

アクセスマップAccess

ページトップへ